ボトックスエラで小顔を手に入れる【自然な痩身が得られる】

注射だけで小顔になれる

注射

繰り返すことが効果的

顔のサイズがコンプレックスになっている方は多いと推定されます。毎日テレビやメディアに登場する有名人や芸能人の多くはいわゆる「小顔」な見た目をしているからです。しかし顔の大きさそのものを習性するのは簡単なことではなく、従来は骨きりや顎回りの骨を削るなどの美容整形がありましたが、色々な面で負担が大きく現実的な選択肢ではありませんでした。このような状況に一変を与えたのがボトックス注射の登場になります。特にエラが貼った印象の顔に効果的なアプローチです。エラへのボトックス注射の仕組みは、筋肉を麻痺させる作用にあります。つまりモノを咀嚼するときに咬筋などの筋肉を無意識に酷使することで発達し、エラが張るようになっています。ボトックスには筋肉に収縮するように指令を与える神経伝達物質の働きを遮断する作用を持っており、表情筋などの無意識の内に動く筋肉や、発達しすぎた部分の活動を抑制し次第に小さく衰退させることができる訳です。筋力が抑制されることで、深く刻まれた皺も浅くなり、より目立たなくなっていく副次的な作用までも期待出来ます。この治療のメリットは注射一本を打つだけで一回の施術が完了するので、身体への負担が少ない点を指摘することが出来ます。しかも筋肉に直接作用するので、比較的短期間のうちに効果を実感できる点も挙げることが出来るのです。従来の美容整形のような一定時間顔が腫れると言ったダウンタイムもないことから、施術を受けた事実も第三者の目には判別することは出来ません。人目を気にせず挑戦できるわけです。発達しすぎた筋肉に作用することでエラを小さく出来るので、小顔効果を確実に実感できるのがボトックス注射のメリットです。しかし注射された薬液成分も時間経過に伴い体内に吸収されていきます。吸収されていくスピードには個人差があるのは事実ですが、おおむね3ヶ月から半年程度と見られています。つまり筋肉の収縮を遮断する作用も、だいたい半年程度を目安に効果が弱まっていくので、一回の施術をおこなっただけでは元の状態に戻ってしまいます。それでは同じことの繰り返しを防ぐために、未来永劫3、6ヶ月程度に1回くらいは、注射を繰り返す必要があるように思う方もいらっしゃるでしょう。しかし必ずしもボトックスの効果が無くなっても完全にもとの状態に戻るわけでもなく、ある程度繰り返し定期的に注射を受けることと小顔効果を長期間キープされると言われています。それと言うのも咬筋や表情筋などの筋肉は、十分な運動や負荷を掛けられていないと、サイズ自体も小さくなり筋力も次第に廃絶していきます。その結果、注射の効果が切れてきたころのサイズは、注射前に比較すると小さくなっていることが多いわけです。従って定期的にボトックス注射を繰り返すことで、よりエラが小さくなり、長期間小顔状態を維持することが可能になっているのです。注射のタイミングですが、1、2回目は3ヶ月から半年くらいの間隔を開けることして、それ以降は半年から1年程度の間隔をおいてボトックス注射を行うのが効果的な治療計画とされています。ポイントは効果がまだ続いている状態で次の注射のタイミングをはかることです。

Copyright© 2018 ボトックスエラで小顔を手に入れる【自然な痩身が得られる】 All Rights Reserved.